第35回日本診療放射線技師学術大会

国民と共にチーム医療を推進しよう

彩の国から未来へ

大会長あいさつ


第35回日本診療放射線技師学術大会

大会長 田中 宏

公益社団法人埼玉県診療放射線技師会

 第35回日本診療放射線技師学術大会を2019年9月14日(土)から16日(月)の3日間、埼玉県さいたま市の大宮ソニックシティで開催する運びとなりました。大会メインテーマは「国民と共にチーム医療を推進しよう」、サブテーマは「彩の国から未来へ」と致しました。東北、上越、信越へは大宮から新幹線が発進しております。先輩方が築き上げた過去の技術を踏襲しつつ新しい技術を埼玉の大宮の地から全国に発信していく、「承前啓後」の思いを込めて企画させていただきました。

 教育講演では「人工知能」に関する講演をはじめ、未来を見据えた講演等を予定しています。また、市民公開講座では「ラジエーションハウス」がテレビドラマ化するまでの舞台裏を講演いただく予定です。さらに市民公開特別企画として小中高校生、保護者、教師を対象とした「3D画像による人体解剖学体験」を行います。3Dワークステーションの実機に実際に触れていただき、3D画像による人体解剖学をはじめ、手術支援として医師がどのように画像を利用しているのか、さらに操作が可能な生徒には、実際に3D画像の作成を試みていただきます。診療放射線技師に限らず、医療に興味を持ち、さまざまな技術で医療が支えられていることを感じていただきたいと考えております。  埼玉県診療放射線技師会では平成11年より、胸部単純撮影、上部消化管撮影、CT検査などに関して装置管理から検査技術、読影、臨床に至るまで、県技師会独自のカリキュラムにより認定講習会を毎年開催してまいりました。全国からベテランの講師を招聘し、これまでの経験を踏襲し、ブラッシュアップセミナーを始め数多くのモダリティについて企画しております。

 学会を開催する大宮には、武蔵一宮の氷川神社があり2400年以上の歴史を有し、「大いなる宮居」として、大宮の地名の由来にもなったといわれています。今学会では、氷川神社参道を含めたMorning Runを企画しました。埼玉の大宮の歴史を堪能いただけると思います。また、鉄道の聖地の一つであります「鉄道博物館」があり、鉄道マニアでなくとも見ごたえのある鉄道の歴史を堪能いただけます。  ぜひ「第35回日本診療放射線技師学術大会」にご参加いただき、学術と新たな技術を発信していただくとともに、埼玉の歴史と文化をお楽しみください。